環境

OPERATING EFFICIENTLY LOOKING TO THE FUTURE

サルヴァトーレ フェラガモは、持続可能性を常に開発ポリシーの中心に置いてきました。

当グループは環境を守るために、企業活動による環境への影響を減少させる戦略とイニシアティブを通じて、環境保護と監視に対してポジティブな方法で貢献することを目標としています。

03-FootiprintCommitment-960x1280-ALT

OUR ENVIRONMENTAL COMMITMENT

サルヴァトーレ フェラガモは、環境への取り組みに沿い、様々な物流プロバイダーとカーボンニュートラル・プロジェクトを介して、製品の配送から発生するすべてのCO2排出量を相殺する、パートナーシップを結びました。

特に、ヨーロッパとアメリカ合衆国のサイトから購入された商品に対してはUPSと、ヨーロッパのストアへの毎日の商品配送についてはDHL Expressと提携しています。

当社は2017年より、透明性とCO2排出量の計算を促進するために、自主的にカーボン・ディスクロー ジャー・プロジェクト (CDP)へ参加しています。

2020年、サルヴァトーレ フェラガモは、気候変動との戦いとそのリスクの軽減において、それに対する行動と透明性が評価され、気候セクションで A-スコアを獲得しました。

サルヴァトーレ フェラガモは、2020年のCDP調査に基づき、2020年CDPサプライヤー・エンゲージメント・リーダーボードに選出されました。

これは、気候変動の問題へサプライヤーを関与させる能力に対し、評価を得た上位7%の企業を称えるランキングです。

当社は、持続可能性戦略の1つとして、サステナブルな移動に関するリサーチへも取り組んでいます。

社員の移動方法の適正化を行い、例えばカーシェアリングやカープーリングなど、環境への影響を減少させる行動を特定する作業も実施しています。

SCIENCE BASED TARGETS

気候変動による損害影響を避けるために必要な脱炭素化基準に従い、持続可能性に関する取り組みを促進するため、サルヴァトーレ フェラガモ グループは、サイエンス・ベースト・ターゲッツ・イニシアティブによって認められた温室効果ガス(GHG)の排出量を削減するための2つの科学的目標を設定しました。

  • 2029年までに、スコープ1、スコープ2のGHG排出量を、2019年に対して42%削減する。
  • 2029年までに、物品とサービスの購入、移動と分配に由来するスコープ3のGHG排出量を、2019年に対し42%削減する。

CDP(国連グローバルコンパクト)、ワールド・リソース・インスティチュート(WRI)、世界自然保護基金(WWF)によって設定されたサイエンス・ベースト・ターゲッツ・イニシアティブは、企業の目標を独自に評価し、サイエンス・ベースト・ターゲットの定義の範疇でベストプラクティスを促進しています。

04-ScienceBasedTargets-600x600
04-Biodiversità-1160x773

生物多様性

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)グループは、生物多様性の保護と促進が、環境責任と常にブランドを特徴づけてきた「メイドインイタリー」の促進に対するアプローチの特徴的な要素であると確信します。 生産活動自体が、本質的に自然資本と接続しそれに依存するという認識の中で、グループは2020年、生物多様性への宣言を通じて、天然資源の保護と促進へさらに取り組むことを決定しました。 宣言は、価値連鎖全体で環境への影響を最小化する戦略の開発とイニシアチブを通じて、環境保護への積極的な貢献を目的とする、生物多様性保護の分野におけるグループの取り組みを正式化します。

05-CircularEconomy-1920x1080

CIRCULAR ECONOMY

ブランドは循環型経済への取り組みを前進させています。再生・循環可能原料を使用したコレクション、使用後を考慮した認証素材によるパッケージの選択、再利用や古くなった原料の寄付に対する高い意識、再生可能なエネルギーを選択し今後数年間その消費を強化していく等。

新しいファッション産業を作り出すため、循環型経済の原則で必要とされるコラボレーションとイノベーションを刺激する目的で、2017年11月、サルヴァトーレ フェラガモは、革新的で持続可能なプロジェクトの促進を目的とする同盟が承認する「循環型経済のための宣言」へ署名しました。

「メイド・イン・イタリー」を打ち出し、国際的に名が知られている異なるセクターの企業が参加するこのアライアンスは、共有、製品の寿命の延長化、再利用、再生可能なエネルギーと資源の利用、をベースとしたビジネスモデルの開発を推進します。

2018年初版発表の後、アライアンスは企業ポリシーの中心に循環型経済を据えることで公約を更新し、2020年、改訂版ポジション・ペーパーを発表しました。そこには、優先的になされる行動と価値の高い体験が特定され、イタリア国内の循環性を推進するための具体的な提案が記されています。

さらに、2018年12月、サルヴァトーレ フェラガモは、循環型経済への移行を加速する目的で2010年に設立された、エレン・マッカーサー財団のメイク・ファッション・サーキュラー企画へ加入しました。この加入により、循環型経済のモデルを作るというブランドの取り組みが再確認されています。

環境/製品と素材

06-00-Products-ResponsibleMaterials-872x1160 (1)

責任ある素材

06-07-Responsible Eyewear_vertical

RESPONSIBLE EYEWEAR COLLECTION

06-01-02-Products-ETHB-872x1160

EARTH TOP HANDLE BAG

06-01-03-Products-F-80-872x1160

F-80 SKELETON

06-01-Products-Responsible-Viva-872x1160

VIVA バレリーナシューズ

06-02-Products-42Degrees-872x1160

42 DEGREES カプセルコレクション

06-02-Products-RainbowFuture-872x1160

レインボー・フューチャー・サンダル

06-03-Products-OrangeFiber-872x1160

オレンジファイバー・カプセルコレクション

06-04-Upcycle-872x1160

アップサイクル

06-05-AnimalWelfare-872x1160

アニマル・ウェルフェア

認定パッケージ

サルヴァトーレ フェラガモ グループは、責任あるビジネスの経営を行うために、紙とプラスチック素材の消費削減に取り組みます。

店舗活動に必要とされる紙製パッケージに関して、サルヴァトーレ フェラガモ グループは、森林の正しい管理と製品のトレーサビリティを証明する森林管理協議会(FSC)から認定される紙素材を優先的に使用します。FSCのロゴは、持続可能性の原則に基づいて管理される森林に由来する原料から製品が作られていることを保証するものです。

象徴的な赤いパッケージは、メイド・イン・イタリーであり、リサイクル及び生物分解が完全に可能であることに加え、ポストコンシューマーでもあります。つまり、再生繊維を40%まで使用し、残りの部分はエコロジーなプロセスにより加工されたECF(無塩素漂白)セルロースにより構成されています。

より持続可能な贅沢を促進し、使い捨てプラスチックの使用を削除するために、当グループは2020年、ハンガー、ポリ袋、ラベルを段階的に、バイオプラスチックとリサイクルされたあるいはリサイクル可能なプラスチックへ替えていく工程に着手しました。

07-CertifiedPackaging-1160x773
ISO 14001
すべてのオフィスとイタリア国内のブティックへの認証
ISO 14064
すべてのオフィスとイタリア国内のブティック、サルヴァトーレ フェラガモ ミュージアムへの認証
ISO 50001
フィレンツェ郊外のオスマンノーロにあるサイトへの認証
100%
イタリア国内の再生可能な電気エネルギー

OUR PLACES

環境保護に対するサルヴァトーレ フェラガモ グループの取り組みは、サステナビリティを常に高める方法によりオフィスの管理と開発を実践していることからも見てとれます。

長年にわたり当グループは、環境を管理し尊重する視点から、この取り組みをブティックへも広げながら、オフィスへの環境に関する主要な認証を取得する措置を講じてきました。

さらに、イタリア国内のオフィスに関しては、再生可能エネルギーを100%利用し、エネルギー効率の観点から、オズマンノーロに所在する建物では、ビルディング・マネージメント・システム(BMS)を活用したコンピューター管理システムを用い、機械と電気システムのコントロールとモニタリングを行なっています。

イタリア、フレンツェにあるオズマンノーロの社屋は、LEEDプラチナ認証を取得した新しい物流センターのオープニングに代表されるように、いくつかの改築が行われてきました。約8千平米の広さを持つ公園の新設、そして、持続可能性の視点から行われたLEEDプラチナ認証を取得したMビルディングの改築では、新しいマノーヴィア工房と歴史資料館がその中に移築されています。

また、サステナブルな規格の中には、サルヴァトーレ フェラガモ ミュージアムも含まれています。活動に関連するCO2 排気量の計算を完了し、イタリアで初の環境保護企業ミュージアムとして、国際標準規格ISO 14064認証を取得しています。

10-Archive-960x1280-ALT
11.Report-1920x700

2020年
年次報告書